インタビュー

インタビュー

修了生の声

アピスの講座を受講してくださった受講生の声をご紹介します。

準備中

講師紹介

デミズ トシツグ

出水 俊次 先生(主任講師 茨木教室・梅田教室教室長)

出水俊次

略歴

  • 介護老人保健施設
    介護職員、リハビリ助手
  • 指定通所介護
    介護職員、生活相談員、施設長

資格

介護福祉士

インタビュー

介護の世界に進まれたきっかけはなんですか?
定職に就かずアルバイトばかりしていた20代、家族の勧めもあってホームヘルパー2級の講座を受講したんです。
しかし、勉強し知識が増えていくにつれ、高齢者や障碍者の介護に携わる仕事に自分が向いているのか不安になってきました。そんな気持ちを抱えたまま施設実習が始まりました。
実際の介護の現場を体験されたわけですね
はい。車いすで生活されている方や片マヒの方、認知症の方など生まれて初めて体験する実際の介護の現場は驚きの連続でした。 ますます介護の世界で仕事をしていくことに自信を無くしていました。
そう思われる実習生の方もいらっしゃるみたいですね
そうかもしれません。でも、そんな施設実習の最終日、施設を利用されている高齢者の方に、「今日は楽しかった。ありがとうね。たまには遊びに来てね。」と声をかけていただいたんです。
嬉しいですね
そうですね。つらいことや大変なことはたくさんあるけど、ここまで感謝してもらえる仕事はあまりないんじゃないか、自分も利用者さんも嬉しくなれるなんてこんな素敵な仕事はないんじゃないか、そう思いました。 そして自信はないけどやっぱり介護の仕事はやってみたい、そう思うようになりました。
その後ホームヘルパー2級の資格を取得し、のち介護福祉士の資格も取り、もう10年以上も介護の現場で働いています。
ホームヘルパー2級の講座で指導してもらったこと、経験したことは今でも自分の中でしっかりと残っています。
ご自分の講義に関する想いをお聞かせください
介護に携わる者として大事なのは、高齢者・障がい者の方々の本当の気持ちを感じとろうとする姿勢です。
高齢者・障がい者の方は今まで自分でできていたことが徐々にできなくなっていく、その不安や喪失感でいっぱいです。
実は、「何でもお手伝いすることが介護」ではないんです。
といいますと?
できることは自分でしていただく、自分でやりたいことはできるような環境を作る、今ある能力をなるべく低下させない。そうすることで、高齢者・障がい者の方の不安や喪失感を軽減させることが出来ます。
この考え方を基本に講義を進めています。また、グループワークを中心に受講生同士が話し合いながら楽しく勉強できる環境を意識しています。
アピス介護職員初任者研修の受講をお考えの方に、何かメッセージをお願いします。
世間一般では、介護の仕事はきついといわれています。確かに厳しい仕事であることに間違いはないのですが、実はその何倍も楽しいことがあるんですね。そして自分自身も成長できる仕事でもあります。そう思うに至った私自身の経験や学んできたことを、皆さんに楽しく、分かりやすくお話しできればと思っています。それではアピス介護職員初任者研修で皆さんをお待ちしています。
スギョウ ナオコ

須尭 尚子 先生

須尭尚子

略歴

  • 訪問介護
    ホームヘルパー
  • 特別養護老人ホーム
    介護職員
  • 指定通所介護
    介護職員

資格

介護福祉士

インタビュー

介護のお仕事をされるようになったきっかけはなんですか?
自分の母親が介護の仕事をしていたので、自分も小さいころから興味がありました。
以前は事務などの仕事をしていましたが、子育てもひと段落したところで、かねてより興味のあった介護の仕事にチャレンジしました。
最初はホームヘルパーから始め、次は特別養護老人ホーム、デイサービスと色々な施設を経験してきました。今も現役です!
講師を始めるようになったきっかけは何ですか?
勤めていた施設でホームヘルパー2級の養成講座が行われていて、そこで講師をすることになったのがきっかけでした。
今も職場の施設で職員に向けた勉強会なんかもやってるんですよ。
どのようなところに講師のやりがいをお感じになりますか?
いろんな受講生の方々に出会えるところですね。自分自身にも良い経験にもなりますし。
というのも、受講生の方々のバックグラウンドは様々なんですね。例えば介護未経験の方もいれば、長年介護の仕事をしてきて「自分のしてきた介護は正しかったのか」を確かめに来る人もいました。
たくさんの受講生と向き合うことで勉強になったり、刺激をもらったりできるんですよ。
須尭先生が講義で心がけていることはなんですか?
難しい講義で「介護」を嫌いになってほしくないので、介護を身近に感じてもらえるような楽しい講義を心がけています。
そういう想いをうけとってもらえれば、講師としてこんなに嬉しいことはありませんよね。
須尭先生の講義を受けた受講生の方々は、みなさん口々に「介護の仕事に就いてみたくなりました」とおっしゃって下さいます。須尭先生、本日はありがとうございました。
ありがとうございました。