介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修とは、ホームヘルパー2級にかわる介護職の入門ともいえる資格です。
介護の仕事に就職する上でとても役立つ資格で、アピスでは茨木と梅田教室にて開催しています。

介護職のキャリアパス

介護職のキャリアパス

日本は高齢化社会・核家族化によって、これからさらに家庭で介護を必要としたり、介護施設を利用する高齢者が増加すると予想されています。
そのような中、介護サービスの質、職員の専門性の向上という観点から、将来的な介護人材の育成のキャリアパスとして右図のような段階が打ち出されました。

職員の研修体系が見直され旧制度に変わり、介護職の入門資格として介護職員初任者研修が新たにスタートします。
初任者研修では、実際に介護に携わるうえで必要とされる基本的な知識と技術を学ぶことができます。
介護の現場で働くために、取得しなくてはならない資格と言えます。
そして、さらにその上には上級資格(国家資格)である介護福祉士があります。介護のプロフェッショナルを目指すためには必須の資格です。

介護職員初任者研修 修了後のキャリアビジョン(様々な仕事)

介護職員初任者研修 修了後のキャリアビジョン

介護ってどんなお仕事?(ホームヘルパーさんの場合)

訪問介護

ご利用者様のお宅に訪問し、お身体の状態に合わせ専門的な介護サービスを提供します。
また、日常に必要な事柄について援助を行います。

  • 1.身体介護サービス

    食事の補助、更衣介助、入浴介助、通院の介助などを行います。

  • 2.生活援助サービス

    調理、掃除・ゴミだし、買い物や薬の受け取り、洗濯などを行います。

どんな職場で働くの?

  • 介護施設

    有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅などで、ご利用者様の個性を尊重し、安心した生活を送れるようサポートします。

  • 医療機関

    院内ヘルパーとして、医療機関(病院・診療所など)で医師や看護師の指示のもと、ベッドメイキングや食事の配膳・下膳、患者さんの搬送などをサポートします。

  • その他

    ご家族の介護やボランティアとして地域社会の福祉、社会貢献に活かせます。