アピスのガイドヘルパー養成研修[梅田教室][茨木教室]

アピスの
ガイドヘルパー
養成研修

梅田教室・茨木教室で開講
資料請求はこちらから

開講日程


茨木教室 2015年秋ごろ開講予定です


梅田教室 現在開講日程を調整中です



-

受講料

-

受講対象

15歳以上の方であれば受講可能です。

これから障がい者の支援をする仕事をしたい、家族の介護に役立てたい、福祉の仕事に興味がある、など様々な理由で受講が可能です。

-

講座内容

研修期間は3日間(講義:2日+演習:1日)です。

講義:2日

2日間の講義を通じて福祉制度、介助従事者としての心構えと障がい者の方の尊厳を学びます。
介助を行う者として必要な知識と倫理観を学びます。

【講義内容】
  • 障がい者(児)福祉制度と移動支援事業
  • 移動支援従業者の業務
  • 移動支援従業者の職業倫理
  • 移動介助の基礎知識(全身障がい)
  • 障がい者の人権
  • 障がいの理解(全身性障がい)
  • 障がい者(児)の心理(全身性障がい)
-
講義:2日

2日間の講義を通じて福祉制度、介助従事者としての心構えと障がい者の方の尊厳を学びます。
介助を行う者として必要な知識と倫理観を学びます。

【講義内容】
  • 障がい者(児)福祉制度と移動支援事業
  • 移動支援従業者の業務
  • 移動支援従業者の職業倫理
  • 移動介助の基礎知識(全身障がい)
  • 障がい者の人権
  • 障がいの理解(全身性障がい)
  • 障がい者(児)の心理(全身性障がい)
演習:1日

実践に即した介助を行うための移動介助の基本技術を学びます。その後、その技術を応用し実際にグループになって外出実習を行います。公共交通機関を利用するなど、実際の外出の場面を想定して行います。

【演習内容】
  • 移動介助の基本技術(全身性障がい)
  • 交通機関利用の介助演習(全身性障がい)
-
演習:1日

実践に即した介助を行うための移動介助の基本技術を学びます。その後、その技術を応用し実際にグループになって外出実習を行います。公共交通機関を利用するなど、実際の外出の場面を想定して行います。

【演習内容】
  • 移動介助の基本技術(全身性障がい)
  • 交通機関利用の介助演習(全身性障がい)
 

ガイドヘルパーとは、こんな資格です。

障がいを持つ人の外出時の移動を支援します。

ガイドヘルパーの様子ガイドヘルパーとは、障がいをもつ人が外出する際に必要となる、歩行や車いすの介助、代読や代筆などコミュニケーション支援、上着の更衣介助などを行う人のことをさします。市町村役場や福祉事務所などの公的機関に行くような場合だけでなく、映画鑑賞や買い物、旅行など社会活動を行う場合もサービスを提供し、障がいをもつ人の自立と積極的な社会参加を促します。
2003年4月より、障がいのある方が自らサービス提供者を選択し契約によってサービスを利用する「支援費制度」がスタートしたことにより、正式名称がガイドヘルパーから「移動介護従事者」へと変更になりました。

ガイドヘルパーの種類は大きく分けて4つあります。

ガイドへルパーには全身性障がい・知的性障がい・精神性障がいの移動支援、視覚性障がいの同行援護の4種類があります。
それぞれ活躍する場が違うので、ご自身がどの分野の資格を取得したいか、考えてみましょう。【全身性障がいコース】では、脳性麻痺などにより移動する際に車いす等を利用する方の、移動介助を行う為の資格取得を目的としています。

修了後の活躍の場は様々です。

ガイドヘルパーの主な活躍の場は、在宅介護サービス会社、訪問介護サービス会社、老人ホーム、障がい者施設などの福祉施設や病院が挙げられます。これらの事業所に就職して、ホームヘルパー2級の資格だけでは移動介助ができない全身性障がい者や視覚障がい者のサポートを行います。(知的障がい者に関してはホームヘルパー2級の資格があれば移動介助を行うことができます。)
社会の高齢化が進む中、障がいをもった方を確実にサポートできる人材への需要は高まる一方です。ホームヘルパーの資格と合わせて取っておけば、活躍の場はぐんと広がるでしょう。

-

ガイドヘルパーとは…

障がいを持つ人の外出時の移動を支援します。

ガイドヘルパーとは、障がいをもつ人が外出する際に必要となる、歩行や車いすの介助、代読や代筆などコミュニケーション支援、上着の更衣介助などを行う人のことをさします。市町村役場や福祉事務所などの公的機関に行くような場合だけでなく、映画鑑賞や買い物、旅行など社会活動を行う場合もサービスを提供し、障がいをもつ人の自立と積極的な社会参加を促します。
2003年4月より、障がいのある方が自らサービス提供者を選択し契約によってサービスを利用する「支援費制度」がスタートしたことにより、正式名称がガイドヘルパーから「移動介護従事者」へと変更になりました。

ガイドヘルパーの種類は大きく分けて4つあります。

ガイドへルパーには全身性障がい・知的性障がい・精神性障がいの移動支援、視覚性障がいの同行援護の4種類があります。
それぞれ活躍する場が違うので、ご自身がどの分野の資格を取得したいか、考えてみましょう。【全身性障がいコース】では、脳性麻痺などにより移動する際に車いす等を利用する方の、移動介助を行う為の資格取得を目的としています。

修了後の活躍の場は様々です。

ガイドヘルパーの主な活躍の場は、在宅介護サービス会社、訪問介護サービス会社、老人ホーム、障がい者施設などの福祉施設や病院が挙げられます。これらの事業所に就職して、ホームヘルパー2級の資格だけでは移動介助ができない全身性障がい者や視覚障がい者のサポートを行います。(知的障がい者に関してはホームヘルパー2級の資格があれば移動介助を行うことができます。)
社会の高齢化が進む中、障がいをもった方を確実にサポートできる人材への需要は高まる一方です。ホームヘルパーの資格と合わせて取っておけば、活躍の場はぐんと広がるでしょう。

-
-

終了認定の方法

全ての講義・演習を受講した方は、研修修了後にガイドヘルパー(全身性障がい課程)の資格を
取得することができます。

-

教室紹介

-

茨木教室

所在地大阪府茨木市太田3-9-25
交通
  • JR京都線/東海道本線「摂津富田」駅下車
    駅北口より、「藍野学院」送迎バスで約5分
  • 阪急京都線「富田」駅下車 商店街を北へ徒歩約5分
    (約200m)のJR「摂津富田」駅北口より、送迎バスで約5分
その他車・バイク通学OK(無料駐車場完備)
茨木教室

茨木教室

所在地
大阪府茨木市太田3-9-25
交通
  • JR京都線/東海道本線「摂津富田」駅下車
    駅北口より、「藍野学院」送迎バスで約5分
  • 阪急京都線「富田」駅下車 商店街を北へ徒歩約5分
    (約200m)のJR「摂津富田」駅北口より、送迎バスで約5分
-
-
-
-
このページTOPへ